「耳の日」記念公開講演会

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、Webにて開催させていただきます。
パソコンやスマートフォンからご視聴いただきます。

ごあいさつ

日本耳鼻咽喉科学会京都府地方部会長
京都大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科教授

大森 孝一

3月3日は「耳の日」です。「耳の日」は、聞こえと言葉に障害がある方のために少しでもお役に立ちたいという願いを込めて、日本耳鼻咽喉科学会の提案により昭和31年(1956年)から始まりました。毎年「耳の日」に、都道府県ごとに、難聴で悩んでいる方々の相談や、一般の人びとにも耳の病気のことや、健康な耳の大切さを知っていただくための活動を行っています。今年で66回目になります。ちなみに、3月3日は、電話の発明者であり、ろう者の教育者であったグラハム・ベルの誕生日でもあります。
「耳の日」記念公開講演会では、まず耳の仕組みや耳の病気についてお話し、次に耳からくるめまいについて解説します。この様な講演会を通じて、耳の大切さをわかっていただき、困っている症状の解決に少しでもお役に立てればと思います。例年は講演会の後に「耳の病気の相談会」をご用意していましたが、新型コロナウイルス感染症の流行により、やむなく中止とさせていただきます。この1年、非接触の非日常を体感すればするほど、人と会って話をすることの大切さを痛感しています。そして人の声を聞いたり理解するにはやはり耳は大切です。今回は直接お会いしてお話しするのは困難な状況ですが、Webでの講演を準備しておりますので、是非お聞きいただければと思います。

講演1
13:30〜
大森 孝一先生

耳を大切に

京都大学大学院医学研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 教授

大森 孝一 先生

人と人とのコミュニケーションには言葉を聞くことと話すことが大切です。そのためには耳はとても大切な感覚器官です。耳は外耳、中耳、内耳に分けられます。耳の入り口は外耳道といわれ、その奥に鼓膜があります。鼓膜の奥は中耳といわれ、さらに奥には、内耳と呼ばれる部位があります。内耳には音を聞くための蝸牛と、からだのバランスをとる前庭や半規管とがあります。音は外耳道から入って鼓膜を振動させ、その振動が中耳にある3つの耳小骨に伝わって、蝸牛に伝わります。そして、蝸牛の有毛細胞に振動が加わると、細胞が興奮して電気信号に変換され、聴神経へ伝わり、さらに脳へ伝えられます。脳の中で音や声や言葉として認識されます。
鼓膜や耳小骨など中耳に問題がある難聴は伝音難聴と呼ばれ、薬剤や手術によって改善可能な場合があります。急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎などがこれにあたります。一方、内耳にある蝸牛やその奥の神経に問題がある難聴は感音難聴と呼ばれ、特に急性感音難聴と言われる突発性難聴、音響性聴覚障害などでは発症して早期に対応する必要があります。
遺伝性難聴など生まれながらに難聴があると言葉を覚える過程に支障が出るので、赤ちゃんや子供さんの難聴をできるだけ早く発見して、補聴器や人工内耳による音を補助したり言語訓練で発音をなおしていく必要があります。また、年をとって聞こえが悪くなる加齢性難聴では、コミュニケーションが取りにくくなると、脳の活動も低下し生活の質が低下します。中年期の難聴が認知症の要因になることもわかってきました。
講演ではまず聞こえの仕組みと耳の病気について解説し、乳幼児の難聴と家庭でできる検査、高齢者の認知症と難聴の関係、補聴器や人工内耳についてもお話しします。日本耳鼻咽喉科学会では、市民の皆さんに、健康な耳で日常生活を楽しんで頂くための活動を行っています。皆さん、耳を大切にして下さい。

講演2
14:15〜
瀧 正勝先生

耳からくるめまいについて

京都府立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室 講師  

瀧  正勝 先生

「めまい」ときくと、「めまい=脳の病気」と思われる方が多いのではないでしょうか?たしかに脳出血や脳梗塞、不整脈などでめまいは起こるのですが、実は圧倒的に「耳からくる」ものが多いです。めまい、と一口に言っても「ぐるぐる」「ふわふわ」「ふーっとなる」など症状は様々です。耳の中には聞こえを担当する蝸牛という器官もありますが、三半規管と耳石器とよばれる頭の動き、回転、傾きなどを感じるセンサーが備わっており、蝸牛とつながっています。したがって、難聴とともにめまいが起こることもよくみられます。三半規管も耳石器も体の大きさに比べれば小さなものですが重要な器官で、これらが何らかの原因で障害されるとバランスの感じ方に異常がでてめまいを生じます。よく見られるのはメニエール病や良性発作性頭位めまい症という病気ですが、ほかにもめまいを生じる病気はたくさんあります。メニエール病はストレス、多忙、不眠などが引き金となって、難聴とめまいを繰り返す病気です。薬もありますが、症状の改善には根本のストレスや仕事、生活、睡眠の改善などが最も有効です。ストレスといっても家庭内の問題、介護、育児などひとによってさまざまです。心の持ちようも大事ですが、なかには精神科や心療内科に受診が必要となる方もおられます。良性発作性頭位めまい症は耳石器の耳石がなんらかの原因で三半規管の中に落ちてしまい、頭の動きとともに耳石が動くので激しくめまいが起こるものです。体操のような方法で治すこともできますが、正しく診断されずに行っても無意味です。小脳や脳幹という部位で脳梗塞、脳腫瘍などでも激しいめまいを生じますが、耳の病気とはかなり違った症状を示すことも多いです。また最近では高齢化社会と相まって、めまいがもとで寝たきりにならないよう、めまい疾患に対するリハビリを自分で行うことも推奨されています。この講演が少しでも皆様のお役に立てますと幸いです。

※耳の相談会は、Web開催につき今回はございません。

3月 7日(日) 10:00 より入室できます。
講演会は、13:30〜となります。

第66回耳の日記念公開講演会の開催告知チラシは以下よりダウンロードの上ご利用ください

第66回耳の日記念公開講演会の開催告知チラシ
「耳の日」記念公開講演会

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、Webにて開催させていただきます。
パソコンやスマートフォンからご視聴いただきます。

ごあいさつ

日本耳鼻咽喉科学会京都府地方部会長
京都大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科教授

大森 孝一

3月3日は「耳の日」です。「耳の日」は、聞こえと言葉に障害がある方のために少しでもお役に立ちたいという願いを込めて、日本耳鼻咽喉科学会の提案により昭和31年(1956年)から始まりました。毎年「耳の日」に、都道府県ごとに、難聴で悩んでいる方々の相談や、一般の人びとにも耳の病気のことや、健康な耳の大切さを知っていただくための活動を行っています。今年で66回目になります。ちなみに、3月3日は、電話の発明者であり、ろう者の教育者であったグラハム・ベルの誕生日でもあります。
「耳の日」記念公開講演会では、まず耳の仕組みや耳の病気についてお話し、次に耳からくるめまいについて解説します。この様な講演会を通じて、耳の大切さをわかっていただき、困っている症状の解決に少しでもお役に立てればと思います。例年は講演会の後に「耳の病気の相談会」をご用意していましたが、新型コロナウイルス感染症の流行により、やむなく中止とさせていただきます。この1年、非接触の非日常を体感すればするほど、人と会って話をすることの大切さを痛感しています。そして人の声を聞いたり理解するにはやはり耳は大切です。今回は直接お会いしてお話しするのは困難な状況ですが、Webでの講演を準備しておりますので、是非お聞きいただければと思います。

講演1
13:30〜
大森 孝一先生

耳を大切に

京都大学大学院医学研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 教授

大森 孝一 先生

人と人とのコミュニケーションには言葉を聞くことと話すことが大切です。そのためには耳はとても大切な感覚器官です。耳は外耳、中耳、内耳に分けられます。耳の入り口は外耳道といわれ、その奥に鼓膜があります。鼓膜の奥は中耳といわれ、さらに奥には、内耳と呼ばれる部位があります。内耳には音を聞くための蝸牛と、からだのバランスをとる前庭や半規管とがあります。音は外耳道から入って鼓膜を振動させ、その振動が中耳にある3つの耳小骨に伝わって、蝸牛に伝わります。そして、蝸牛の有毛細胞に振動が加わると、細胞が興奮して電気信号に変換され、聴神経へ伝わり、さらに脳へ伝えられます。脳の中で音や声や言葉として認識されます。
鼓膜や耳小骨など中耳に問題がある難聴は伝音難聴と呼ばれ、薬剤や手術によって改善可能な場合があります。急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎などがこれにあたります。一方、内耳にある蝸牛やその奥の神経に問題がある難聴は感音難聴と呼ばれ、特に急性感音難聴と言われる突発性難聴、音響性聴覚障害などでは発症して早期に対応する必要があります。
遺伝性難聴など生まれながらに難聴があると言葉を覚える過程に支障が出るので、赤ちゃんや子供さんの難聴をできるだけ早く発見して、補聴器や人工内耳による音を補助したり言語訓練で発音をなおしていく必要があります。また、年をとって聞こえが悪くなる加齢性難聴では、コミュニケーションが取りにくくなると、脳の活動も低下し生活の質が低下します。中年期の難聴が認知症の要因になることもわかってきました。
講演ではまず聞こえの仕組みと耳の病気について解説し、乳幼児の難聴と家庭でできる検査、高齢者の認知症と難聴の関係、補聴器や人工内耳についてもお話しします。日本耳鼻咽喉科学会では、市民の皆さんに、健康な耳で日常生活を楽しんで頂くための活動を行っています。皆さん、耳を大切にして下さい。

講演2
14:15〜
瀧 正勝先生

耳からくるめまいについて

京都府立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室 講師  

瀧  正勝 先生

「めまい」ときくと、「めまい=脳の病気」と思われる方が多いのではないでしょうか?たしかに脳出血や脳梗塞、不整脈などでめまいは起こるのですが、実は圧倒的に「耳からくる」ものが多いです。めまい、と一口に言っても「ぐるぐる」「ふわふわ」「ふーっとなる」など症状は様々です。耳の中には聞こえを担当する蝸牛という器官もありますが、三半規管と耳石器とよばれる頭の動き、回転、傾きなどを感じるセンサーが備わっており、蝸牛とつながっています。したがって、難聴とともにめまいが起こることもよくみられます。三半規管も耳石器も体の大きさに比べれば小さなものですが重要な器官で、これらが何らかの原因で障害されるとバランスの感じ方に異常がでてめまいを生じます。よく見られるのはメニエール病や良性発作性頭位めまい症という病気ですが、ほかにもめまいを生じる病気はたくさんあります。メニエール病はストレス、多忙、不眠などが引き金となって、難聴とめまいを繰り返す病気です。薬もありますが、症状の改善には根本のストレスや仕事、生活、睡眠の改善などが最も有効です。ストレスといっても家庭内の問題、介護、育児などひとによってさまざまです。心の持ちようも大事ですが、なかには精神科や心療内科に受診が必要となる方もおられます。良性発作性頭位めまい症は耳石器の耳石がなんらかの原因で三半規管の中に落ちてしまい、頭の動きとともに耳石が動くので激しくめまいが起こるものです。体操のような方法で治すこともできますが、正しく診断されずに行っても無意味です。小脳や脳幹という部位で脳梗塞、脳腫瘍などでも激しいめまいを生じますが、耳の病気とはかなり違った症状を示すことも多いです。また最近では高齢化社会と相まって、めまいがもとで寝たきりにならないよう、めまい疾患に対するリハビリを自分で行うことも推奨されています。この講演が少しでも皆様のお役に立てますと幸いです。

※耳の相談会は、Web開催につき今回はございません。

3月 7日(日) 10:00 より入室できます。
講演会は、13:30〜となります。

第66回耳の日記念公開講演会の開催告知チラシは以下よりダウンロードの上ご利用ください

第66回耳の日記念公開講演会の開催告知チラシ